ドクターX5期の6話、あらすじ・感想・コメントは?

ドクターX5期の6話について、独自の視点から、あらすじ・感想・コメントを紹介しています。

ドクターX5期の6話は2017年11月16日21:00から放送されました。

もう6話も放送されたんですね。

 

ずっと視聴率が好調ドクターX5期ですが、6話は未知子と博美の友情を描いたお話になっています。

博美ファンにはたまらない話しですね。

<スポンサーリンク>




 

また、新たなキーマン永山絢斗さん演じる若手医師にも注目が集まっている6話でした。

 

ドクターX5期の6話を無料で動画視聴したい人はこちら!

 

ドクターX5期の6話 あらすじ・感想・コメントはこちら!

ドクターX5期の6話について、あらすじ・感想・コメントについて、独自の視点から記事にしていきます。

まだドクターX5期の6話を動画で視聴していない人はネタバレになってしまいますのでご注意を。

ドクターX5期の6話 あらすじ

東帝大学病院、外科副部長・猪又(陣内孝則)は、自分の腕に過信し、威張っています。

蛭間院長(西田敏行)が不在の間、自分が次期院長だと言わんばかりで、いつも以上にデカイ態度をとっています。

フリーランスの麻酔科医・城之内(内田有紀)がオペに口出しするのが猪又は許せず、「麻酔科医は、だまっていろ」と釘をさします。

 

猪又による手術を受けたVIP患者である政治家が、術後の経過が悪いと、病院へクレームをいれます。

猪又はとっさに、

「麻酔科医・城之内がミスをして、オペに時間がかかったからだ」

と他人事のように嘘をついて、猪又は責任逃れをします。

 

何も悪くない城之内ですが、権力を使った猪又の根回しによって、東帝大学病院に出入り禁止になります。

 

いきつけの中華料理店の店主の妻・敦子(松金よね子)が、手術することになり、未知子は良夫(平泉成)と敦子のいる病室に行きます。

リンゴを切りに行こうとした良夫が、痛みをこらえている様子を見て、すぐに気づいた未知子は、検査をします。

検査結果、膵臓に複数の腫瘍があることがわかり、敦子よりも手術が難しいことがわかります。

 

敦子と良夫のカンファレンスが始まり、猪又が話した「とりあえず」と言う言葉に未知子は怒り、海老名(遠藤憲一)も「姑息なオペ」と反撃します。

 

しかし、猪又は早くも未知子の知らないところで、良夫の承諾を得ていました。

「大門の自分勝手は、患者を救うためだってわかっている」

「術式を変更することも城之内ならできるとわかっている」

と城之内と晶(岸辺一徳)は、未知子の話をしています。

 

敦子を手術に送ると、良夫は痛みをこらえつつも、血を吐き倒れます。

猪又による良夫の緊急手術が始まりました。

 

未知子は敦子のオペ室に入りますが、海老名が呼び戻した城之内を見るなり、あの麻酔科医がいるなら…とオペを若手外科医の西山(永山絢斗)に任せて出ていきます。

猪又は良夫のオペに苦戦しており、そこへドクターXが登場します。

「私、麻酔科医も出来るので」

城之内も良夫の手術に加わります。

 

全摘はせず、無事手術も終えました。

ドクターXは、良夫の肩にパワーを送ります。

晶は猪又に手術代を請求します。

猪又から支払うことを聞いて「大~成~功~」と喜び、ステップを踏みながら帰っていく晶でした。

 

ドクターX5期の6話 感想

未知子と城之内の簡単な言い争いから、なんと未知子は月給制なところを城之内は歩合制だともめ始めます。

ここまで「ドクターX」を見ていて、月給制や歩合制が神原名医紹介所にあるなんて初めて知りました。

 

海老名に対して、

「顔だけじゃない、すべてが怖~い」

と未知子が言っていて、今回は海老名がちょっといい役どころだったのに未知子には、ハッキリズバッと斬られるような言葉でした。

 

そして、未知子に他にも方法があるはずだと

「がんばれがんばれ!大門」

とエールを送ります。

 

応援している自体が、海老名は他力本願になっていて、面白味がありました。

原先生のことをずっと「きんちゃん」と呼ぶ未知子は原を挟んで、城之内とのケンカがオペ室でも続いていました。

オペ中にも、冷戦ってちょっと怖い手術ですね。

 

晶が猪又と話していて、口止め料の値引きは「500円」に笑いが込み上げてきました。

請求金額も1000万とか、高額な金額なのに、値引きは500円って、どんだけ値引き額がほんのちょっとなんですか。

「手術を、途中放棄した麻酔科医と外科医を院長に報告しますか?」

と晶は、今回もうまく相手を揺すって、オペ代をもらっていました。

 

晶の営業力、きっと世の中の人がその技術をどれだけをも欲しがっていることでしょう。

元気になった中華料理店の良夫は、以前あった餃子大会の優勝賞金が敦子には30万と偽っていました。

 

敦子は

「残りの20万をキャバクラに使ったわね」

とケンカが始まります。

お互いに元気になったからこその六浦さん小劇場に、最後は心ほっこりになり終わりました。

 

<スポンサーリンク>




 

ドクターX5期の6話 コメント


 

いかがでしたか?ドクターX5期の6話について、感想・あらすじ・コメントを紹介しました。

ドクターX5期の6話のゲストは平泉成さんでしたね~

毎回ゲストがかなり豪華なので、続きの7話以降のゲスト出演も気になるところです。

 

それに今後晶さんと草刈正雄さん演じる内神田との関係。

そして内神田と蛭間院長がいかに未知子を陥れたり仕掛けたりするのでしょうか!?

そのあたりも注目ですね。

 

ドクターXの動画視聴を無料でするには!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です