2017年ドクターX5|1話のネタバレ・あらすじ・感想

2017年ドクターX5について、1話のネタバレ・あらすじ・感想について紹介していきます(^^)/

2017年10月12日の木曜日にドクターX5期が放送されましたね!

初回は時間が拡大されて放送されていました☆

そんな2017年ドクターX5期の1話について、管理人なりの1話のネタバレ・あらすじ・感想を紹介していきます~

 

ドクターX5期の無料動画視聴ならここ!!

 

2017年ドクターX5期 1話のあらすじ・ネタバレ

ドクターX5期の1話について、あらすじ&ネタバレはこちら!!

 

自然豊かな地で絶景や温泉を満喫中の大門未知子(米倉涼子)。

その最中、乗り合わせたバスの運転手が心肺停止となり未知子が一旦救うのだが、後日再手術が必要な状態であった。

 

東帝大学病院の初の女性院長となった志村まどか(大地真央)は、クリーンな医局へと改革する傍ら、手術支援ロボットを導入したインターネット遠隔操作での術式を適用し世界発症例を出したがっていた。

 

未知子の患者であるバスの運転手の手術をその初症例にする予定だったにもかかわらず、有名ジャーナリストの一色辰雄(升毅)が心臓の7cm
にもなる巨大腫瘍で入院してくると、そちらに変更してしまう志村院長。

 

アメリカボストンからのロボット遠隔操作手術が始まったが、途中血管損傷で操作は困難となる。

術式変更で志村院長が執刀するも、腫瘍を完全に切除する自信が無く、そのまま閉じようとしたその時、未知子がオペ室に入ってきた。

バスの運転手の再手術を無事に終え、誰もが無理だと諦めた一色の手術も未知子は完璧に終えた。

しかし、未知子が一色を入院させ手術を受けさせたことによって、一色との不倫が発覚、退陣へと追い込まれた志村院長。

その後釜へ座ったのはあの蛭間重勝(西田敏行)なのであった…。

 

2017年ドクターX5期 1話の感想

2017年ドクターX5期 1話の感想についてです!!

2017年ドクターX5期、満を持しての始まりです!

今回もたくさん世事のパロディが盛り込まれてましたね^^

「路線バスの旅の蛭子さん」や「不倫騒動」、「女性トップ登壇・○○ファースト」。

冒頭の未知子のロッククライミングシーンは、「ミッションインポッシブルⅡ」のトムクルーズのパロかと思いました(笑)

 

そんな面白さと一緒に今回の本筋もなかなか楽しめる内容でした!

大地真央さん、この1話だけの登場だったのですね~、残念!

今までとは違う医局になるのかな~と予告編から楽しみにしていましたが、不倫騒動で敢え無く退陣( ;∀;)

最後、本妻さんが出てきて「この泥棒猫!!」と頬をバチン! 世の本妻さん方がスッキリされたのではないでしょうか^^

 

後釜に蛭間院長が帰ってきたのがビックリでした。

やっぱり、西田敏行さんが出演されてないと面白みも減ってしまいますよね。

 

この方、未知子に大手術で命を救ってもらったのに、今シーズンでは未知子を潰すと言ってましたね。

他にも未知子に手術で助けてもらった方々がいますが、皆さん、それとこれとは別なのでしょうか~(+_+)

ドクターXのおかけで助けられても、その存在は医療の世界では困るのだそうで…どうしてでしょうね。

 

今シーズンでの一番の悪、日本医師倶楽部会長役の草刈正雄さん。

大河ドラマの時と違って、かなりの悪役でした~(笑)

晶さんとすれ違うシーンで、お互い顔見知りのようでしたよ!!

過去に何かあったのでしょう。

それが何なのか、知りたくてわくわくします(^^♪

 

今回舞台になる東帝大学病院では若手のゆとり世代の医師たちが出てきます。

未知子からどんな風に感化されるのか、そこも見どころのひとつではないでしょうか( *´艸`)

 

2017年ドクターX5期 コメントは??


 

ドクターX5期 1話の見逃し配信や無料動画視聴はここ! 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です